テレフォン法話

曹洞宗岐阜宗務所では電話による法話の発信を行っています。
通話料無料フリーダイヤル 0120−112−652

「未来を考える」

恵那市 長徳寺 住職 松本康巡 師

今年は新型コロナウイルスの為、また豪雨などの災害もあり、本当に大変な年でありました。皆様の無事・健康をお祈り申し上げますと共に、これからも油断せぬ様、気をつけて過ごして行きたいのものです。

この様な状況の中で気付く事もありました。特に思うのは先の事をよく考えるべきという事です。先々の予定を立てたりするのは当然の事ですが、今以上に未来を予測して十分な準備・行動をする必要があると思います。

仏教で、過去・現在・未来についての教えがあります。過去は現在の原因であり、未来は現在の結果であると考え、過去には戻れないし、未来に行く事は出来ないので、今現在の一瞬一瞬をしっかりと生きて行く事が大切であるという教えです。

まさにその通りですが、現在の病気や災害などが起こる社会情勢の中、未来がどうなるか分らないという不安がありました。これからもそれに向き合い、悪い状況も想定しての対策を社会でも個々でも行って行かなくてはなりません。

社会全体でも、これを境に色々な物事がより合理的に変化して行くと思います。かなり急激な変化ですが、時世に応じて考え方や価値観は変わります。変わらずにはいられない状況もあり、時勢をみて柔軟に変化をして行く事が良いのではないでしょうか。

未来がどうなっているのかを考えて、そこからどうして行くのかを考える事が重要になると思います。更には、人生において何が大切なのか見つめ直し、改めて考える事もして行きたいものです。

「今を一心に」

関市 正武寺 副住職 岩田潤法 師

お釈迦様のお言葉のなかに「過去を想わざれ、未来を願わざれ、過去は既に過ぎ去りしものなり、未来は未だ来たらざるものなり。ただ今を一心に為せ。誰か明日の死を知らん」とあります。このお言葉は、ただ単に「過去を想ってはいけない、未来を願ってはいけない」という意味ではありません。

過去の中の思い出には、人それぞれ大事な、そして大切なものがあります。その大切な思い出を想ってはいけないというのではなく、過去にとらわれてはいけないとおっしゃっているのです。

私たちは今と比べて、「昔は良かったな」「あの時ああすれば良かった」などと思い出にひたったり、あるいは悔やんだりしますけど、思い出ばかりで過去にとらわれ現実を見ない、何もしないというのがいけないのです。

新型コロナウイルスの影響で様々な不幸がもたらされております。しかし、こうした苦境を乗り越えた経験は、コロナ禍の今こそ活かされるはずです。

また、未来についても、夢や希望を持つことは素晴らしいことですが、「今の生活が嫌だ」「ああしたいな、こうしたいな」と空想するばかりで何もしない。こうしたことがいけないのです。今を一生懸命生きること、努力することが夢や希望をかなえることに繋がるのだと思います。今晩目を閉じて明日目を開けることができるという保証はございません。だからこそ一日一日を悔いの残らないように大切に生きる。今という一瞬は二度と戻ってきません。

生かされているこの人生が、長い生命の営みの過去から未来へとつながっていく一コマにすぎなくとも、自分はその中で一つ役割を果たせたと思えた時、人はそこで自分自身の役割がなんであったか理解でき、自分の人生に満足できるのだと思います。

今あるこの命を生きるということの大切さを心に、どうぞ一日一日を大切に、そして一心に人生を歩んでいただきたいと思います。

「火を消す」

美濃市 長徳院 住職 永田将人 師

みなさんこんにちは。長徳院住職の永田将人でございます。当院は、中濃地区では引いたら倒れるようなお寺でございまして、そんななかで、この老化が激しいこの田舎の私の頭ではとても法話は務まりませんが、すこし思い出話をさせていただきたいと思います。

昔、ある関東のお寺にお邪魔していましたときに、宗門の高校に通う学生さんが参禅に来ておりました。そのなかの一人とお話しをしておりまして、その子はお寺の息子として生まれて、将来はお寺を継ぐということでした。ただ、小さな頃から夢がありまして、消防士になりたいと。その夢はどうしても叶えたいが、なかなか現実はそうはいかないと言っておりました。消防士を何年かやってからお寺を継げばいいのではないかと言ったのですが、それもなかなか難しいと、かなわないということでした。

ただまあ、消防士というのは、火を消す、人の命を救う、そういった使命がございまして、それはもちろん大事なことですが、そこに至るまで、それを予防するのがより大事なのだと思います。だから火の用心とか、いろんな火災予防といった啓発活動をしているのが実際のところでありまして、そういったことで言いますと、たとえ消防士になれなくてお寺さんを継いだとしても、人の心に火事が起こる前に予防として仏道を伝えるという、そういった伝道の活動をするということが大事なのではないかと。人を救うという意味では、お寺も消防士も同じではないかと、私の若い頭でそんな話をした思い出がございます。

「未来に向けて私たちが果たす役割」

美濃市 大禅寺 住職 大平龍玄 師

皆さんはエスデイジーズ、(SDGs)「持続可能な開発目標」という言葉を耳にされたことはありますか。一見難しそうな言葉かと思いますが、しばらくの間お付き合いください。

SDGsとは2015年国連サミットにて採択された、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂のある社会の実現のため、2030年を年限とする17の国際目標のことです。「①あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる」「②飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を推進する」など、貧困や飢餓、環境問題、経済成長など、幅広い課題が網羅されています。それぞれ17の目標には、さらにターゲットと呼ばれる169の行動目標が示され、日本においても国、自治体、企業などにより、様々な取り組みが行われています。一見自分には関係ないと思われるかもしれませんが、身近なことでは、レジ袋の有料化などによる、海洋プラスチックごみ削減の取り組みが、目標⑭持続可能な開発のために海洋資源を保全し、持続可能な形で利用しよう」のターゲット1「海洋堆積物や富栄養価を含む、特に陸上活動による汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減する」にあたります。私も普段いわゆるエコバックを持ち歩かないため、コンビ二などにて買い物をした時、当たり前の様に商品を入れ持ち歩いていた、レジ袋の有料化は、非常に不便を感じています。なれた行動を変更するには、大変なことも多いとは思います。自分たちさえよければ、次の世代はどのようになってもかまわない、と思う人はいないと思います。皆さんもSDGsに参加し17の目標のうちどれでも構いません。それぞれが自分のできることから取り組むことにより「共に成長し、他者を思いやり、環境を大切にする」社会の実現に向けて、動き出してみませんか。

「足るを知る」

本巣市 智勝院 住職 平古琢磨 師

新型コロナウイルスにより 嬉しいはずの新しい年度の始まりが、今年度は今までにない 不安と恐怖に怯え、すべてにおいて時代が変わるかのような 衝撃を受けました。何が一番大切で何が必要なのか、私たち一人ひとりが 考えさせられる状況のように思います。

私たちは物質的な豊かさの中に「幸福」があり、物が豊かになればなるほど幸せな人生を送れると思ってきました。しかし欲しいものが手に入っても、しあわせ感は長続きしません。次の物欲が生まれ 欲にきり無しといわれるがごとく この幸せ探しは延々と繰り返されます。

日本は 世界でも指折りの経済大国で 物質も豊かですが、国民の大半は幸福度が低く 常に不安、不満を抱いているといわれています。

物質的には世界的に最も貧しい国である仏教国のブータンは、『世界一幸福度が高い国』として注目を集めています。物をたくさん持つことが即ち幸せではない。普通に食事ができることの幸せ、普通に働けることの幸せ、普通に寝ることのできる幸せ、平凡な毎日こそが幸せで、仏教への信仰心が厚く、「足ることを知る」という仏教の教えが人々の生活に根付いているからだといわれています。我々先進国で暮らす人間が忘れてしまった素朴な幸福感のようなものをブータンの人々は大事に持ち続けているのだと思います。

そう思ったときに、テレビドラマシリーズ「北の国から」のひと場面を思い出しました。

純  「電気がない? 電気がなかったら暮らせませんよっ!」

五郎 「そんなことないですよ」

純  「夜になったらどうするの!」

五郎 「夜になったら眠るんです」

「足るを知る」心を持つことで 日々感謝の気持ちを忘れない生活を送ることが いつの時代でも一番大切なことだと思います。

「すばらしい未来を願って」

安八郡神戸町 榮春院 住職 阿原道雄 師

政治・教育・宗教、そしてコロナ、よく新聞やTVで耳にします。

それも悪い方が多いのではないでしょうか。

それによって世の中はギスギスしています。

しかし私は、世界中の人々が明るく仲良く楽しく生活するには、政治・教育・宗教がとても大切だと思います。

今の政治は・教育・宗教の中に何か共通するものが有り、それを解決することによって、良い方向に向かって行くのではないかと考えました。

その答えは人それぞれ違うと思いますが、私の中ではすごく簡単なことでした。

ただ言葉にするのと実行するとなると、とても大変なことで、正直、解ってうれしい気持ちと これからどうしようという気持ちで、複雑な気持ちになりました。

それは一つの物を皆で分け合う心、つまり世界中の人が、人の為、人の為と思い温く広い心でそれを実行できたら、世の中 本当に良くなるはずです。

私も、まだまだ理想とは掛離れた人間ですが、それでは“がんばらなくては”と 日々を生きています。

皆さんも、これから生まれてくる人々の為にも、すばらしい未来を一緒に築いていきませんか?

いつの日か、それが皆さんの為にもなるはずです。

「お彼岸を迎えるにあたり」

大垣市 龍松寺 住職 西澤峰靖 師

暑い時期が続きますが、一般に暑さ寒さも彼岸までと言われますように、暫くもしますとお彼岸を迎え、しのぎやすい時節となってまいります。

さて、お彼岸になりますと、日ごろ怠りがちなお仏壇やお墓の掃除をし、ご先祖様の霊を慰め、供養するのが私たちの生活習慣となっています。私たちが今日、いまの暮らしができていますのは、ひとえにご先祖様のご遺徳のお陰なのです。私たちが人間として今を生かされている背景には、ご先祖様が行ってきた善行の集積があるわけでして、そのおかげで私たちは人間として生を受けることができているのであります。

その恩恵に感謝のまことを捧げるのは、生きている私たちの勤めであります。それが、自然にお墓に参り、お仏壇にお参りする姿となるわけです。

お彼岸は「自分は常日頃、ご先祖様の恩恵に報いるだけの事をしているであろうか」と自分に問いてみる機会でもあります。ご先祖様に恥じない生活をしていかなければなりません。

彼岸はもともと仏教の言葉でありまして、彼(か)の岸と書きます。仏の教えでは、向う岸を理想の世界・悟りの世界と申しています。向う岸があれば、こちらの岸もあるわけでして、こちら岸を迷いの世界にたとえています。つまり、迷いの岸から悟りの岸・まこと(真実)の岸に渡りましょう、という教えなのです。

お彼岸とは、私たちが日頃、まこと(真実)の生活をしているか、恥じない人間として暮らしているかと、あらためて自分自身に問う良い機会であると言えます。

家族がそろって、この機会に、ご先祖様に感謝し、ともに喜びや悲しみを分かち合い、争いや迷いから、可能な限り遠ざかるよう心掛けて、努力精進する良い機会としたいものです。

「どう変化するかわからない世の中、どのように過ごしますか、どのように生きますか」

加茂郡坂祝町 地蔵院 徒弟 岡崎玄一 師

技術進歩のスピードに加えて、物事が急速に変化し続け、次に何が起こるか誰にもわからなくなってきました。2019年12月以降に世界的な流行となった新型コロナウイルス感染症が良い例です。感染症の蔓延はとどまるところを知らず、2020年4月には、日本全国に緊急事態宣言が適用されました。そして、私たちの日常生活をおおきくかえていきました。

少し過去に目を向けてみましょう。

日本国民は繰り返しウイルス感染症を何度も乗り越えてきました。

過去約100年の間に、1918~21にかけて3波にわたったスペイン風邪、1957~58にかけて2波にわたったアジア風邪などのパンデミックを経験してきました。

今終息しつつある新型コロナウイルス感染症の感染者数とは比べ物にならない数でしたが、当時は緊急事態宣言、都市封鎖、休業要請という騒ぎにもならず、したたかにパンデミック危機を乗り越えてきました。

新型コロナウイルス感染症も必ず一度終わりがくること。そして過去にも2波3波とありましたように、次に備える必要があるとわかります。

このように過去から学べることは多くあるのではないかという反面、未来はだれにもわかりません。過去から学ぶ現実を見据えながら、時には身を任せながら、毎日を過ごしていけたらいかがでしょう。

最後に、私が大事にしている言葉を紹介したいです。

奈良康明さんが「ブッダの詩」の中で書かれており、全国曹洞宗青年会イメージビデオにも登場します。

謄謄として天真にまかせる自覚と生き方の現代版を宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を真似ていったらこういうことにならないか。

雨の降る日は雨に濡れ
風の吹く日は風に揺れ
何時も前を向いている
素直な心を持ち
足ることを知り
決して瞋らず
何時も静かに笑っている
他人を立てることが
自分を立てることだと思い
やることなすことが
道理にかない
仏の祈りを忘れない
そういう信仰に私は生きたい
今が明日への新たな一歩(です)

「水は下から上へ流れる」

加茂郡白川町 洞雲寺 住職 尾関幸憲 師

水は上から下へ流れます。

実は「水は下から上へ流れる」の道理を知らないと、「水は上から下へ流れる」道理を理解した事にはなりません。

川の水は必ず上から下へ流れます。上流から下流へと流れます。当たり前の事であります。おかしいもので、川の水は上から下へ流れているにも関わらず、無くなることがありません。

なぜでしょうか。

茶碗の中のお茶を飲んでしまえば空になってしまうので、どんだけ逆さにしてもお茶は出てきません。また飲む為にはお茶をつぎ足さなくてはいけません。

このつぎ足す事こそ「水が下から上へ流れる」道理なのであります。

何故ならば、太陽が照って大地を照らし、蒸気となって水は天にのぼり、上にのぼって霧となり雲となり、雨となります。水が上から下へ流れるのみであるならば、川の水は枯れてしまうのです。

自分のすぐ近くで水が上へあがる事が起きているにも関わらず、見えないからそれに気づく事はありません。

ただ「水は上から下へ流れる」のみと見えてしまうのです。

仏教的な言葉で言うならば、これを「無明」と言います。一般的に言うならば「迷い」の事です。

一方の事しか見えていない。偏った見方しかできていないから、真実を見落としているのであります。

私達人間はとてもおろかで、ほとんどの人が自分の事ばかり考えています。自分中心になる事が多いのです。

この世の中の、全ての物に支えられている事をある程度は知っていても、それを感謝の行動として現すことはできません。

自分中心であるが故に、なかなか気づく事ができないのであります。

世の中には私達が見えない事や、気づかない事はとても多いのです。自分勝手な思いや行動に執着せず、むさぼる事を戒め感謝の行動をおこす事こそ、「水が下から上へ流れる道理」なのであります。自分の好きな事ばかりやっていると、あなたの未来は枯れちゃいますよ。

「大変な時は顔に気を付けよう」

関市 広福寺 住職 紀藤昌元 師

この原稿を書いている4月、新型コロナウィルス感染拡大防止のために全国に緊急事態宣言が出されました。

誰もが大きな不安を抱え、その不安が日用品の買い占めや、感染者・医療従事者への差別など様々な形になって現れています。不安の増大が他者に対する余裕を奪い、穏やかな心を失わせてしまっているのだと感じます。

そのように不安や怒りに飲み込まれそうな時、心に余裕が持てない時に、私はある言葉を思い出すように心がけています。それは道元禅師様の、「ただまさに、やわらかなる容顔をもて、一切にむかうべし」という言葉です。どんな時も、やわらかい穏やかな顔つきで、すべての人や物事に向き合いなさい。という意味です。

顔は心を映す鏡です。余裕がない時は誰もが硬くて怖い顔になっています。余裕がない時というのは自分のことしか考えられなくなっている時です。「やわらかなる容顔で一切に向かう」まだまだ私にはできませんが、それを思い出すことで、自分のことしか考えられなくなっている今の私に気付くことができます。そして、そこに気付くだけでも救われることがたくさんあるのです。

心は直接目には見えませんが、顔の表情なら目に見ることができます。知らず知らずのうちに硬くて怖い顔になっていたら、そんな時は自分のことしか考えられなくなっているのかもしれません。大変な時だからこそ、他の人への思いやりを忘れず「やわらかなる容顔」で乗り切っていきたいものです。